プライバシーポリシー

プライマシーポリシー(個人情報保護方針)

1、基本方針

  • 当社は顧客や取引先及び従業員の個人情報を保護しその信頼を確保することに社会的責務を負っています。従って、役員及び全従業員は、個人情報保護に関する法令等を遵守し当社の保有する個人情報資産を適切に取り扱わなければなりません。
  • 顧客、取引先及び従業員の個人情報の漏洩、改ざん、紛失、不正利用する行為や許可なく開示する等の行為は、顧客や取引先からの信頼を奪い、当社に損害も与えます。そのような行為を行った従業員は、懲戒処分の対象になるとともに、法的処罰の対象となることもあります。ここに、全従業員が個人情報管理の重要性と責任を自覚し、個人情報保護方針を遵守して信義に従い誠実に行動することを求めます。

2、個人情報の管理及び取扱いについて

  • 当社は、本方針を実行する為に、「個人情報管理規定」を定め、当社の役員及び全従業員に周知徹底させるため計画的に教育・研修などを行い、本方針の遵守状況などを定期的に点検・評価して適宜個人情報保護対策を見直し、維持・改善を図ってまいります。
  • 当社は、顧客や取引先及び従業員の個人情報の漏洩、改ざん、紛失、不正利用等を防止する為、技術的安全管理措置を行い、適切な情報管理体制を構築します。
  • 当社は、個人情報の利用につきまして、利用目的の範囲内で、具体的な業務にしたがって権限を与えられた者のみが取扱い、業務の遂行上必要な限りにおいて取扱うものとします。
  • 当社の役員及び全従業員は、業務上知り得た個人情報の内容をみだりに第三者に開示し、又は不当な目的に使用しません。当社を退職した後も同様とします。
  • 当社は、コンプライアンス推進委員会の中に「情報セキュリティ委員会」を設置するとともに情報管理事務局を設け、情報管理の一元管理を図る体制を構築します。

3、個人情報の利用目的について

当社は、適正な手段によってのみ個人情報を取得し、個人情報を取得する場合には、個人情報の主体であるご本人に対し利用目的を通知します。

4、個人情報の共同利用及び第三者提供について

当社は、個人情報を第三者との間で共同利用する場合には、次の事項をホームページ等で開示します。

    1. 特定の者との間で共同利用すること
    2. 共同して利用される個人データの項目
    3. 同利用者の範囲
    4. 共同して利用する者の利用目的
    5. 共同して利用する者のうち、個人データの管理について責任を有する者の氏名または名称

5、個人情報の取扱いの委託について

当社は、業務を委託するために第三者に個人情報を預託する場合、あらかじめ定めた基準に従い当該第三者について審査し、必要な契約を締結し、その他法令上必要な措置を講じます。

6、個人情報の開示、訂正、利用停止等の問い合わせについて

当社は、本人からの開示、訂正、使用停止、消去等の要求に誠実に応じます。

個人情報の取扱いに関する窓口
東洋佐々木ガラス株式会社
情報管理事務局